2015年9月、国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、
193の加盟国による全会一致で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」では、地球規模で解決すべき17の目標と169のターゲットが掲げられました。

ブースト・ピクチャーズは、動画制作・映像制作を通じてSDGsへの理解を広め、微力ながらも目標の達成を後押ししたいと考えています。

弊社は大阪に拠点を置く動画制作・映像制作会社ですが、次世代にこの世界をより良い状態で引き継ぐために、今なにをするべきか、今なにが出来るのか。持続可能な成長を維持しながらも地球規模の社会課題を解決すると言う大きな目標に向け、社会と共に考えて歩んでいきたいと思います。


・リモートワークによる子育て世代応援と社会的包摂の推進

「リモートワーク」を中心とした雇用形態にすることで子育てママパパ、介護者・障害者の積極雇用を行なっていきます。働き方を変えることは、弊社の生産性向上にとどまることなく、社会全体の生産向上にも繋がります。 また、社内に多様な視点を入れることで、高付加価値あるサービスを創造していきます。

・ペーパーレスによる資源・業務の効率化

社内文書のペーパーレス化を推進しています。ペーパーレス化を推進することにより、環境課題の解決だけでなく業務効率化やワークライフバランスの適正化にもつなげていきます。